GPS

子供用のGPS発信機にはこんな使い方もあった!わが家のGPS物語

はじめまして、やりくりマスターのミチルです。

ここ1年、コロナ禍の影響からか、子どもたちが通う小学校から保護者宛てにメールで送られてくる「不審者情報」の数が急に増えました。

不審者の大半は、30~50歳ぐらいの男性で、子どもが抵抗するにはコワすぎる相手。我が家では、万一不審者に遭遇したら、とにかく逃げるが勝ちと教えこんでいます。

そんな状況なので、我が家では、息子にGPS発信機を持たせることにしました。

そこで、この記事では、息子にGPS発信機をもたせた我が家のユーザーレポートをお届けします。

息子にGPSをもたせようと決断した理由

我が家では、息子が8歳(小学2年生)のときにGPSを購入しました。

息子にGPSをもたせようと決断した理由は、①男子の行動範囲が予想外に広く、②一旦外出すると糸の切れたタコみたいにどこかへ行ってしまい、簡単に行方知れずになるから。

息子は、習い事を1つしかやっていないので、学校から帰ってくると、毎日違う友達と遊びに飛び出していってしまいます。

もう、親がついて行って面倒をみる年頃でもないので、いつも完全な野放し状態。

でも、やっぱり心配なんですよ。せめて、位置情報リアルタイムで把握しておきたい・・・。

最初は、姉(長女)に持たせているようなキッズ携帯を契約することも考えましたが、きっと無くすか壊すかしてしまうだろうなと思い、携帯の契約には踏み切れずにいました。

そんなとき、GPS発信機の存在を知ったのです。

こんなときにGPSをもたせています

GPS発信機は、その名のとおり、携帯している人の位置情報リアルタイムで伝えてくれるデバイス。

通話などの機能は一切ついておらず、あくまで位置情報のみが確認できるものです。

我が家では、こんなときに息子にGPSをもたせています。

  • 小学校に行くとき
  • 1人で遊びに出かけるとき
  • 習い事に行くとき

息子が使っているGPS発信機はコレ

我が家が、息子にもたせているGPS発信機soranome(ソラノメ)。

ソラノメは、本体価格が携帯と比べて安く、月々契約料金も手ごろなので、子どもの安全管理はしたいけど、あまりお金はかけられないという親御さんにオススメのGPSです。

位置情報の確認

ソラノメは、子どもにもたせたGPS位置情報を、スマホアプリで確認できます。

ソラノメの位置情報の精度は、GPSがあるところから数m~数10m(電波の入りづらさによって、100m以上の誤差や現在地を特定できない場合あり)といわれています。

でも、ワタシは、正直いってソラノメにこまかい精度は求めていません。

なぜなら、近所を行き来するなど、子どもの日常的な行動を把握するとき、子どもがそこにいるか、いないかをすぐに確認できるかどうかがとても重要だと思うからです。

夕方、子どもがなかなか帰ってこないとき、アプリをチェックするだけで「あ~、まだここで遊んでいるんだな。」と安心感が得られる。

「もう少し経っても帰ってこなかったら、迎えに行こうかな。」と、心の余裕も生まれる。

ワタシは、息子にソラノメを持たせるようになってから、子どもが帰ってこないからと不安ヤキモキすることがなくなりました。

サイズや重さ

ソラノメサイズは、51×51×15mm。重さは、39gです。

小さくて軽いので、ポケットに入れたり、市販のキーホルダー型ポーチに入れて、ベルト紐にぶら下げたりしてもかさばりません。

息子の場合、身につけると、暴れて壊したり失くしたりしそうなので、ランドセルや自転車などにぶら下げています。

それに、子ども用のズボンって、意外とベルト紐がついていないんですよね・・・。

充電時間と頻度

ソラノメの充電時間は、約1~2時間。フル充電しておけば、約1週間も電池がもちます。

ソラノメは、アプリ電池残量が確認できるほか、充電がなくなりそうになるとプッシュ通知で要充電を知らせてくれる便利な機能がついています。

1週間1度充電すればいいので、我が家では、息子が家にいる週末に充電をするようにしています。

ユーザーサポートの品質

ソラノメの利用に関するユーザーサポートは、基本メール(お問い合わせフォーム)でやりとりをします。

ワタシは、はじめてソラノメを利用したとき、アプリの設定がうまくいかずサポートに連絡をしました。

敏速丁寧な対応で、とても満足のいく応対でしたよ。

料金

ソラノメの料金は、GPS発信機本体代金(初回1回のみ。24回割賦利用も可(キャンペーン期間中は利用不可))と、月額基本料金539円(税込)です。

本体代金は、14,520円(税込)ですが、キャンペーンで安く変えることもあります。

オプションで、月額210円(税込)の安心保障パックが選べます。

初期事務手数料に、3,300円(税込)(初回のみ)がかかります。
ソラノメは、契約の年縛りがなく、思い立ったらオンラインですぐに解約できます。また、解約違約金も発生しません。
毎月の基本料金は、クレジットカードによる支払いになります。

GPSのメリット・デメリット

ワタシが、GPSを利用していて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

メリットデメリット
  • 月額基本料金が安い
  • 契約の年縛りがなく、解約違約金が発生しない
  • SOS通知ボタンがついている(ソラノメ)
  • 携帯に比べて子どもがGPS遊ばない
  • 小さくてかさばらない
  • 持たせるのを忘れることがある
  • 充電し忘れることがある
  • 失くしても、携帯のように呼び出せないので探すしかない

GPS発信機にはこんな使い方もあった!

GPS発信機は、子どもの安全を常時見守ってくれる頼りになる存在。

でも、ワタシは、ソラノメを利用しはじめてから、子どもの安全確保以外の、GPSある用途に気がつきました。

それは、子どもが小学校を下校したときに、GPSが通知をしてくれること。つまり、子どもが帰ってくる時間が前もってわかるのです。

息子が通う小学校から我が家まで、息子の足で徒歩15分。

ワタシが、ちょこっと外出しているときでも、息子が帰ってくる時間がわかるので、ワタシも焦らず帰宅することができて便利です。

まとめ

いかがでしたか?

と、我が家の希望をすべてかなえてくれたデバイス。いまや、GPS発信機がくれる安心感に大満足しています。

携帯をもたせるまでもないけど、子どもの安全は確保したいとお考えなら、ぜひ便利なGPSをご検討くださいね。

error: Content is protected !!